GORILLAZ
GORILLAZ

日々笑進


いがらんぼーの日常が描かれています。
by igaranboo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2005年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

HEAVEN&HELL

急ではあったが、司令部へと呼び出される。
司令官は重い口を開きこう告げた。

司令官「同志いがらんぼー大佐。今日は貴官の戦闘機における遊撃任務を中断し、別の任務を与える。」

いがらんぼー「どういう事ですか、同志司令官。戦闘機での出撃停止!?まさか・・・このまま地上勤務しろとでも・・・!?」

司令官「・・・。勘違いするな同志大佐。まだそこまでしろとはいってはいない。・・・TAC隊は知っているな?」

いがらんぼー「はい・・・。あの勇敢とされる栄光ある爆撃隊であります。」

司令官「そうだ。・・・そこでだ・・・同志大佐。今日は、SAL隊代表としてTAC隊との共同爆撃任務に参加してもらう。」

いがらんぼー「共同任務・・・私も爆撃機に・・・?」

司令官「そうだ、同志大佐。もう貴官の機に乗る搭乗員もモスクワから手配した。・・・重要な作戦への参加となる。決行日まで体を休めろ。話は以上だ・・・。」


あれから数日。北西戦線本拠地航空基地へ、攻撃部隊が到着する。
休む間もなく、作戦会議室にてミッションブリーフィングが行われる。
TAC隊の名機長。FUDEEN機長、LYDEEN機長、そして爆撃機搭乗員27名が集合する。

作戦司令官「総員敬礼!これより今作戦の説明を開始する!同志少尉、フィルムを回せ。」

作戦会議室の窓のカーテンが閉められ、真っ暗な部屋の中で明るい光を放ちながらフィルムが回りだす。
映し出されたのは今作戦の攻撃目標、北西に位置する英空軍野戦航空基地の偵察写真であった。
ハンガー、燃料タンク貯蔵庫、弾薬貯蔵庫、兵舎、レーダー施設、対空砲及び対空砲及び高射砲の位置がしっかりと撮られており、そして施設ごとに四角く白い線がひかれていた。

作戦司令官「本日の攻撃目標は北西に位置するこの野戦飛行場だ。ここから英空軍戦闘機部隊が飛び立っており、隣接した位置にある我がソ連空軍前線航空基地は壊滅的な被害を受けている!」

フィルムがカシャカシャと入れ替わり、そのたびに違う写真が映し出される。

作戦司令官「今作戦の目的は、この英空軍飛行場の壊滅にある!弾薬庫、燃料タンク、目に付くものは全て破壊せよ!なお、この飛行場には迎撃機、警戒機が確認されている上に、航路には敵対空施設、戦車工場が存在する、対空砲火にはくれぐれも気をつけてくれ給え、以上!解散!」

作戦室からバラバラを散らばるように出てくる搭乗員達。
しきりに今日の生き残る確立を冗談交じりに話ている。

「爆弾の積みすぎで離陸失敗!ドカーンさ・・・!」
「敵の迎撃部隊も必死でくるだろうから、最悪さ・・・」
「高射砲は多く配備されてるらしい・・・確立は三分の一だね。」

彼らの気持ちを察する。
しかし、私は、生きるための努力をすれば、きっとまた地上に舞い戻れる・・・そう信じて止まない。

駆け寄ってくる人の姿が二名・・・。
FUDEEN機長とLYDEEN機長だ。

FUDEEN機長「同志いがらんぼー大佐!いつも戦闘機での護衛、多謝であります。このたびはご一緒に作戦に参加されるそうで・・・!」

LYDEEN機長「慣れない爆撃機での飛行は困惑するでしょうが・・・よろしくお願いします。」

いがらんぼー「同志FUDEEN機長、同志LYDEEN機長、こちらこそ勇敢な二人の機長と共に飛べるとは・・・光栄です。・・・LYDEEN機長、ご心配どもありがとうございます。なぁに・・・私も元は爆撃機乗り、なんとか勘は取り戻しますよ。」

談笑する三人の機長。その後ろを今作戦で使用される1t爆弾を牽引するトラックが通り過ぎて行く。
爆撃旅団所属、私達の愛機こと重爆撃機Pe8への爆弾の積み込み作業は順調なようだ・・・。
ゆっくりと上空の空を見つめる。青く、どこまでも透き通った空だった。


数時間後、爆撃機へ乗り込む私と搭乗員9名。
各員操縦席、銃座、爆撃照準席、無線室などの配置へとついていく。

足止めが取り外される。離れて行く整備員や地上勤務員。Pe8のミクーリン AM-35 液冷V型12気筒エンジンが轟音を上げる。
今作戦での編隊長、FUDEEN機長が管制塔へ離陸許可を求める。

司令官「こちら司令塔、離陸を許可する。健闘を祈る・・・。」

ゆっくりとスロットルを上げ、駐機場から滑走路へと移動する爆撃混合旅団、3機のPe8。
先頭を行くFEDEEN機へと続く私とLYDEEN機。

FUDEEN機長「離陸する・・・!離陸後は西へ!編隊を組みます!」

LYDEEN機長&いがらんぼー「rgr!」

爆弾を満載にされた重い機体。速度を得てゆっくりと車輪が離れて行く。
一路爆撃混合旅団は西へと向かう!
ゆっくりと離れて行く本拠地航空基地・・・もう一度ここに戻れるかは、誰もわからない・・・。

離陸して数分、副機長が発言する。

副機長「どうですか、いがらんぼー機長。久々に爆撃機に乗った感想は」

いがらんぼー「はは・・・やはり、久しぶりでね、なかなか難しいよ。愛機YAK3の感覚が染み込んでしまっているようだよ・・・」

副機長「左様ですか、大丈夫、なんとかなりますよ。」
e0025131_648535.jpg

写真:Pe8の操縦席を撮影、各計器はぐるぐると回転し、舵は重い。戦闘機とは全く違う操縦感覚に苦戦しながらも一路西へと向かう。

それからしばらく後、編隊飛行を開始する、僚機との微妙な間隔を開けた編隊飛行は衝突しかねない。緊張が続く。

e0025131_8212253.jpg

写真:見事にトライアングル密集編隊を完了する爆撃混合旅団。右上がFUDEEN機長の編隊長機、左上が私。左下がLYDEEN機長機。緊張がつきまとう編隊飛行。

e0025131_6541341.jpg

写真:操縦席から見たFUDEEN編隊長機。操縦は副機長に任せ、夢中でシャッターをきる私。

無線でお互い連絡ととりつつ、なおかつ談笑しつつ目標へと進撃する。
航空食をほおばったり。冗談をいいあったり。ゆっくりとした空の旅を楽しむ。

ここでちょっとしたトラブルが襲う。
e0025131_657197.jpg

写真:誤操作により突如車輪を下ろしてしまうLYDEEN機。少し速度が低下するも、FUDEEN編隊機長の見事な編隊組みなおし策が講じられ、問題解決。

予想外の誤操作によるトラブルも収まり、編隊を組みなおした我々は英領空へと突入する。緊張感が襲う。
e0025131_6595411.jpg

写真:目標への侵入ルート突入するべく東方向へと旋回する混合爆撃旅団。機内に搭載しきれなかった1㌧爆弾が不気味に輝いている。

突然の叫び声。
後部機銃手「こちら後部機銃手!6時下後方に敵機視認!こちらよりも低空の模様!」

ついにきたか・・・!英軍の迎撃機だ。機種はどうやらスピットファイア。英軍の誇る荒鷲。
しかし、こちらはかなり高度を上げているおかげで迎撃機もなかなか高度が追いつけないようだ。
多少の混乱に包まれつつも、編隊は爆撃ルートに乗る。
e0025131_843088.jpg

写真:英軍の迎撃機スピットファイア。追撃してくるも、我が編隊は遥か高空にて飛行を続ける。上に豆粒のように映っているのが我が編隊である。

e0025131_745413.jpg

写真:まだ空襲警報が届いていないのか、のんびりとしている英軍野戦飛行場。

FUDEEN機長「爆弾倉扉開け・・・・・・・・・」
e0025131_775353.jpg

写真:爆撃指示が飛んできた事により、爆撃に備えて爆弾倉扉を開くいがらんぼー機。

ついにこの時がきた。

FUDEEN機長「全機投下!投下!投下!」
e0025131_79348.jpg

写真:目一杯積み込まれた1㌧爆弾3発を投下するいがらんぼー機。

「ビンゴーーーー!ビンゴビンゴ!」
はしゃぐ搭乗員達。
下方を見下ろすと爆煙に包まれた英軍野戦飛行場。
e0025131_7122038.jpg

写真:爆弾が見事命中し、炸裂する爆弾と破壊される地上施設。

FUDEEN編隊機長「全弾投弾完了!帰還する!」

南へと旋回をはじめる爆撃旅団。
ここでいがらんぼーは神に見捨てられる。
編隊からはぐれてしまったのだ!(ウィルススキャンがはじまり、止めて戻ってみたら、いつの間にかはぐれてました_| ̄|○)

ここぞとばかりに先ほどの迎撃機が襲いかかってくる!
さすがは英軍自慢のスピットファイア・・・高度を稼ぐのが早い・・・。
e0025131_716696.jpg

写真:追いついてきた迎撃機、いがらんぼー機も全防御機銃にて迎撃態勢をとる!右前方にFUDEEN編隊機長機とLYDEEN機長機が見える。

「き、きた!!」
ドンドンドン!ドドドン!ドドドン!
「撃て!撃ちまくれ・・・!!」
「く、くるな!!くるな!!!」
ズガガガガ!ズガガガガ!
各防御機銃がスピットファイアに照準を合わせ、必死に防御砲火を開始する。
e0025131_7191999.jpg

写真:突入してくるスピットファイアに対して必死の防御砲火を放ついがらんぼー機。エンジンの真下の防御機銃員は、きっと生きた心地がしなかったに違いない・・・。

ドガン!!ドガガン!
翼面や、胴体へと穴が開いていく。

いがらんぼー「くそ・・・早く追い払え!!こっちが持たんぞ!!」
e0025131_7224950.jpg

写真:スピットファイアの集中砲火を浴びるいがらんぼー機。的確に照準をあわせて撃ち込んでくる・・・

「し、死んでたまるか!!死ぬもんか!!」

引き金を引きっぱなしにする防御機銃員達。
e0025131_7244153.jpg

写真:死に物狂いの後部、左右エンジン部機銃、上部機銃合計4門の集中射撃を浴びたスピットファイアはついに翼をはぎとられ、きりもみ状態になり墜落する。

FUDEEN、LYDEEN機長から歓声が上がる!
我が機の搭乗員も予想外の敵機撃破に歓喜している。
いがらんぼーはというと、なんとか生き延びられた喜びをただただ、噛み締めていた。
操縦桿を握る手には、いつの間にか汗ばんでいる・・・。

ほかの敵機の送り狼はなく、編隊は一路南へ全速逃走する。

そしてついに!
e0025131_7305738.jpg

写真:ついに味方拠点飛行場が視界に入る!安堵の気持ちでいっぱいになる・・・。

左右の窓から搭乗員達はひたすら本拠地飛行場を眺めていた。そう、満面の笑顔で。
我々は任務を果たし、ついに、戻ってこれたのだ!

FUDEEN編隊長機から続々と着陸態勢に入っていく。
e0025131_734863.jpg

写真:着陸姿勢のまま、ついに本拠地飛行場へと降りたんとするFUDEEN編隊機長機、ひとつ後方にいがらんぼー機、そのまた後ろにLUDEEN機長機と続いている。

一人一人、ゆっくりと機から出てくる。
ある者は機体を叩いて歓喜の叫びを上げ。
ある者は地面へと座り込み、地面にかおをおしつけ、大地の香りを満喫する。

私はというと・・・。
FUDEEN機長、LYDEEN機長の元へと駆け寄り、互いに煙草をふかしあいながら、お互い生還できた喜びを胸に、手を叩きあった。

すっかりと、日は傾き。美しい夕日が我々を照らしていた・・・。
私はきっと、この美しい情景を忘れる事はないだろう・・・。
e0025131_7413795.jpg

写真:帰還直後のいがらんぼー機。美しい夕日が眩しく照らしている。

~混合爆撃旅団戦記~
第一部  =End=

~本日の一枚~
e0025131_744941.jpg

写真:帰還直後、全機生還を完遂。記念撮影w

~あとがきのようなもの~
今回は超久々の編隊爆撃編です。
今までとは違い、TAC隊を見習って、戦記風にしてみたのですが、いかがでしょうか?w
読んだ方もお楽しみいただければ、これ以上の幸せはありませんね!
昔はいがらんぼーは爆撃機乗りだったという設定がでてますが、事実です_| ̄|○
昔は戦闘機に乗ることすら危うく、操縦を全くわかっていませんでした・・・(´・ω・`)
爆撃機に乗っていたほうが、戦闘機乗っている時より断然生還率が上という有様でしたよ・・。
今は皆様のご指導により、なんとか弱小戦闘機乗りとして生活できるようになりました…w

合同作戦に加えてくださり、ほんとTAC隊さま、ありがとうございました!
また懲りずに爆撃任務やら、護衛任務やら、させてくださいませ・・・w

PS:つくづく、編隊長機の役目などは大変だな・・・と思いつつ、それを簡単に実行してしまう、生粋の爆撃機乗り、勇敢なFUDEEN、LYDEEN両機長に、敬礼!(`・ω・´)ゝ


・なお、この作戦の模様はTAC隊HPにある、TAC隊戦記にもUPされるそうです。
 TAC隊様の迫力ある戦記は必見!
 当ブログリンクからもTAC隊HPへ飛べますが、一応おいておきますね。|=゚ω゚)ノ ッパ
TAC隊HPはこちら!
[PR]
by igaranboo | 2005-07-31 07:58

奮闘!JP戦!~BGN隊との共闘~

いやはや・・・台風はどこへやら。
ワクワクして損した気分になりながら、暑さでヘタばっているいがらんぼーです。

微妙に更新遅れているうちにFAはなんと3,8へのバージョンアップとなりました!(゚∀゚)
かなりの点で改善されており。機体装備や運動性能、速度性能などの改善。
武装なども変わった機体もあるようで。
一番変わったのがなんといっても、補給などに関してかなりリアルになったことでしょうね!w
今までは基地の弾薬庫、燃料タンクやらがいくら破壊されようが、50%積んでの出撃が可能でしたが、今回からはピンポイントでそういった地上施設を攻撃されると、弾薬補給0や燃料補給が0になることも(´・ω・`;)
ということは!そのような施設を優先的に破壊してしまえば、離陸することすらできなくなってしまうわけですね!これなら一人での攻撃でもある程度足止めできるぞ!ヒャッホイヽ(´ー`)ノ
そして、そうした施設への補給路の開設も重要になってきましたね。
SAL隊ではあまりに補給部隊志願者が多く、空港から輸送機がわさわさーと一斉出撃!
その航空基地の貯蔵施設にあるものが空っぽになってしまった事も・・・w
今までは無意味に走り回っていた補給貨車を引き連れた機関車も、今では重要なモノになりましたね。全国に線路が配備されたことにより、ところせましと走り回っておりますが。
こいつが基地に着くとめいっぱいの補給物資を降ろして提供してくれます。補給物資が少ない地域ではまさに ネ申!
敵の機関車を見つけたら優先的に破壊したいものですね(´¬`)

というわけで、劇的に変化を遂げたFAでの昨日の模様をお届けしまふヽ(´ー`)ノ

今日は比較的戦線はのんびりしているご様子。
いつものSAL隊攻撃部隊としてのお勤めを終え。(GB本拠地へ攻め入りましたが全滅しますたorz)
JP戦線で奮闘しているBGN隊のところへお邪魔する事に。

いがらんぼー「BGN隊の皆さん、今日もTSにお邪魔してもよろしいですか?(m´・ω・`;m)」

TSとはいわば、集団で使えるボイスチャットの事でこれを使う事により、的確に情報をとりあったり、編隊戦闘なぞもできてしまう優れものです!
何より、プレイヤー同士お話できるのが一番の楽しみっスねw(*´ω`*)

BGN隊の皆様「どぞどぞ~」

ほんと、何度も別部隊の奴なのにTSに入れてくださるのはほんとありがたいです。゚(゚´Д`゚)゚。

-BGN隊-
sakuroさん
Meserさん
Maroさん
horikenさん

皆さん一級の戦闘機乗りでもありまして、かなり強いス・・・
そんな中にこっそりと混じる、ヘタレ戦闘機乗りいがらんぼー。(´・ω・`)ノシ

TSで世間話を交えつつ、作戦会議。
いやはやほんと、皆さんイイ声してますw

JPからちょくちょくちょっかいやら攻撃部隊やらが来ているそうなので防戦しつつじわじわと攻めていこうという事に。
すでにBGN隊の方々は戦闘中だったので、急いで離陸し、増援に向かういがらんぼー!
TSに悲鳴が響き渡ります。
何事か!?と思っていたら、どうやら相手はあのJP屈指の精鋭部隊「鷲隊」だったのです。
忘れもしない!前にJP攻め入る時に鷲隊VSSAL隊になったあの時!
こちらが圧倒的に数多かったのに全滅させられたあの日の事を・・・!

メラメラとリベンジに燃えていると、なんとBGN隊が優勢になり、なんと鷲隊を撃破、追い払ってしまいました。
(|| ゚Д゚)ガーン!!BGN隊かっこよすぎ!強すぎ!ウヒョー

丁度いがらんぼーが着いたときにはすでに殲滅戦に移っていたので目をつけた敵機を見つけては襲いかかりやす。
e0025131_19324920.jpg

高高度から一気に振り降りて、JP機に機関砲を浴びせるいがらんぼー機。撃破。

予定通りじわじわと戦線を移動し、ついにJP野戦航空基地襲撃戦へと移ります。
BGN隊の方が占領を想定して輸送機を出してくれるということなので、到着するまでに必死に制空する。
e0025131_19352659.jpg

JP野戦航空基地の守備戦車に機銃掃射をかけるいがらんぼー機。この後戦車は爆発。

さすがはJP戦車のチハ・・・。
史実通りに装甲が薄く、愛機YAKの20㍉と12,7㍉機銃がスコンスコン貫通していきますw
なんとか全守備戦車2両(少っ)を撃破し、今度はバルチに移る。
e0025131_19372494.jpg

空港防衛に向かってきたJP機をねちっこく追い詰めるいがらんぼー機と、必死に逃げ回るJP機。撃墜。

優勢に思われた制空戦にもだんだんと暗雲が立ち込めてくる。
ほかの航空基地から飛び上がってきたJP機が大挙して飛来したのだ!
その中には先ほどの復讐に燃える鷲隊や、JPでの有名な戦闘機乗り5yenさんやshigegeさんもいるではありませぬか!素で怖いワァ!!
一気に撃滅の危機に陥るSU制空隊。
ここは逃げるが勝ちでしょ!って事で全力で逃げる逃げる逃げる!!w
しかし、運悪くエンジン被弾・・・(´;ω;`)ブワッ
じわじわと3機に追いつかれ、BGN隊の皆さんがせっかく援護してくれたというのに!
e0025131_19435220.jpg

JP機の追撃に遭い、逃げる途中に撃破されるいがらんぼー機。脱出。

この勢いのままSU空港へなだれこもうとするJP機の大群。
迎え討つべく、急いで緊急離陸する迎撃部隊!
e0025131_19453655.jpg

horikenさん(左)と共に緊急出撃するいがらんぼー機(右ちょい下)

丁度離陸した時に前方にいたhorikenさんへコッソリ編隊を組んでみようと試みるいがらんぼー。
|・∀・)うふふ、接近接近・・・
突如TSでhorikenさんの声が響き渡る
horikenさん「うわ!!!igaranbooさん近っっ!!!w」
いがらんぼー「うひ、追尾して編隊組んでみました・・・w」
horikenさん「なんかこの距離から撃たれたら当りそう!!w」
いがらんぼー「ウ、ウチマセンヨ!ウチマセンヨ!(揺れ動く乙女心(?)」
horikenさん「うは!ぶつかりそう!w」

e0025131_21373250.jpg

密集編隊を組みつつ高度を稼ぐhorikenさんといがらんぼー。

ほんとに衝突の危険がでてきたので、とぼとぼと編隊を解散しますた・・・w
と、同時に敵機襲来!
味方機と敵機が乱れ飛んでいる空戦地域へ突入!
自分の獲物へ狙いを定めダイブしていくいがらんぼー機とhoriken機
敵機は格闘戦に夢中で後ろが見えてないご様子。
上から襲い掛かる!
ハ!っと後ろを見ると、自分5yenさんに狙われとる!!
急いでインメルマンターンをして、ヘッドオン態勢に移る。迫る5yenさんの零戦!!
e0025131_20554435.jpg

ヘッドオン態勢のまま激しく打ち合う5yenさんの零戦といがらんぼーのYAK3、この後いがらんぼーはほかのJP機の攻撃により爆散。

攻防戦は続く。攻めては戻り。一進一退の激しい局地戦。
e0025131_20575675.jpg

上空から急降下してJPの200さんを撃破するいがらんぼー機。JP機は運動性能が良く苦戦する。

先ほど激しく撃ち合った5yenさんがGBN隊の方に食いついていたので援護射撃!
e0025131_21072.jpg

味方に襲い掛かっていた5yenさんに機銃弾を撃ちまくるいがらんぼー機。5yenさんは激しく被弾し墜落。

TSにて緊急通信が入る!
「我敵機の追撃受く!!」
見ると帰還途中のBGN隊の方が追撃を受けている。追撃しているのはJPのNashさん、要注意の戦闘機乗りである。
なんとかこの窮地を救わなければ!急旋回し、横から狙いを定める!!
「うまく相手のエンジンを被弾させ動きを鈍くさせられればいいが・・・」
e0025131_2125119.jpg

横から急襲し、なんとかNashさん機のエンジンへ被弾させるいがらんぼー。緊張の瞬間でした。

JP機の攻勢はひと時の休息を迎える。
弾も燃料も心細くなってきたので、今のうちに補給へと戻る。
フルフラップ!ギアーダウン!ギアーブレーキON。着陸態勢は完璧である。
e0025131_2151329.jpg

味方野戦航空基地への着陸態勢に入るいがらんぼー機。この後悲劇が襲う!!

キュ!キュキュ!!・・・キキーーー!
ギアーが接地し、ブレーキがかかる。命からがら、なんとか戻れた・・・ひと時の安息である。
しかし!!前方からMaroさんが離陸しようとLa7を走らせる!!
一瞬の出来事であった!!!!





e0025131_217527.jpg

まさかの衝突事故。着陸中のいがらんぼー機とMaroさんのLa7が接触してしまう。

e0025131_2182878.jpg

片翼が接触しただけなのに、なぜか機全体がボロボロになっているMaroさんのLa7。

TSにてお互いにすぐさま謝罪する!!
Maro「あああ!すいません!いがらんぼーさん!」
igaranboo「うひゃあああ!こちらこそ、すいませえええええん!!。゚(゚´Д`゚)゚。」
謝罪しつつも、笑いをこらえ切れませんでしたw
なんでMaroさんの機はあんなにバラバラに!!w
昔みたTV、ドラゴンボールのCMに入る前にこんなのがありましたよね
海王様の車がゴクウにぶつかるもゴクウ無傷、海王様の車大破。

この図が頭によぎり、爆笑しちゃいます・・・
ほかの方々も予想外の出来事に爆笑しているご様子w
ほんと、ビックリス!!w

しかし、そんなひと時の休息も長くは続かなかった。
レーダーに感!!JP機多数進入中!緊急迎撃態勢をとれ!!!
うるさく空襲警報サイレンが航空基地に響き渡る
次々に離陸していくBGN隊の皆さんといがらんぼー。

JP機と遭遇戦になり、またもや局地戦を演じる。
e0025131_21143623.jpg

Maroさんに食いついていたJP機を引き剥がすべく援護射撃するいがらんぼー。撃破。

e0025131_2115373.jpg

生き残っているJP機に対して殲滅戦に移る。目に付いたKURE隊の方に襲い掛かるいがらんぼー。

このような多数での空戦による混乱は、なかなかほかの敵機に気が回らなくなる。
いがらんぼーは一瞬の隙を突かれ・・・。
e0025131_21174641.jpg

下から突き上げるようにJP戦闘機鍾馗、恐怖の20㍉機関砲4門がいがらんぼー機を襲う!片翼を失ったいがらんぼー機はきりもみ状態になりながら墜落。脱出。

再び離陸しつつ、局地戦。
なかなかこういう風に空戦オンリーにならないので、TSでのボイスチャットと重なり非常に楽しい戦いでっす!w

高高度から舞い降りた5yenさんの零戦に後ろにつかれ必死に回避行動をとる!!
いがらんぼー「うわぁ!5yenさんにケツにつかれたーーー!?うわぁぁあ!?」
TSで悲鳴をあげていると急降下して舞い降りてくる味方機!!
もうだめだ・・・もたない!やられる!!!!

e0025131_21224165.jpg

危機一髪!MaroさんのLa7が急降下攻撃にて一撃で5yenさんを葬り去る!かっこよすぎっス!w

空戦は大盛況のうちに幕を閉じた。
飛行場にて味方機の帰還を待つ・・・。
遠くにMaroさんのLa7が視界に入る。
階級も昇進し、生き抜いて帰還するMaroさんのその姿は輝いていた!!
Maroさん「ひぃ~・・・やっとついた~♪」
TSのイヤホンから聞こえるその声は、まさに安堵の声であった・・・

いがらんぼー「おかえりなさい!Maroさん!!」

MaroさんのLa7が着陸する・・・。
e0025131_21274292.jpg

着陸態勢に入るMaroさんのLa7。








e0025131_21283060.jpg

ふとした操縦ミスにより、滑走路横のクボ地にハマり、まさかの墜落を起こすMaroさんのLa7。

Ma....Maroさぁぁぁあああああん!!!!Σ(゚д゚;≡;゚д゚)

こうして、悲しくも、局地戦は集結したのであった・・・。

~後書きのようなもの~
いやはや、昨日の空戦ではMaroさんがMVPであったような気がします・・・w
予想外の事件を起こして、ビックリしました・・・。笑わせていただきましたw
BGN隊の皆様、ほんとにありがとうございます!
またFAの空でお見かけしましたら、よろしくです!
TSほんとに楽しいですねw
最近はSAL隊より、BGN隊と行動を共にするのが多くなってるような・・・(∀゜;)ゝ
SAL隊でもTS導入されないかなぁ・・・と思ってたり・・・(´・ω・`)
奮戦したBGN隊の方々に敬礼!=S=(`・ω・´)ゝ

~ラストの一枚~
e0025131_2134071.jpg

出撃態勢のまま待機する、いがらんぼー機とBGN隊。

~本日の落書き~
e0025131_2324514.jpg

出撃準備態勢のまま待機するFw190A-4/R6。
翼下面に21㎝ロケット弾を装備している特殊機。

最近スランプに陥りながらも、元に戻るべく落書きです(´ヘ`;)
とりわけ自分は乗り物描くのが好きなのに乗り物描くのが苦手ということもあり、それを補うためにも練習実験台にしますた。
ペンづかいといい、パースといい、まだ色々な点でダメダメなので、改善していきたいですね・・・_| ̄|○

作画道具:パイロット社のインク、ゼブラ製の付けペン、ドクタークリップ。
作画資料協力:大日本絵画発行、西部戦線のフォッケウルフFw190のエース。
[PR]
by igaranboo | 2005-07-28 21:34

暑いですねぇ(´¬`;)

日記書く暇がない程に遊び回りすぎて、更新遅くなってしまう俺ガイル_| ̄|○
ダチの家泊まったり、俺の家に泊まられたり。横浜の花火大会に行ってバカ騒ぎしたり・・・。
リアルでの出来事は絵日記風味でお楽しみ頂けるようお届けしたいなぁ・・・などと思っております。
本業(?)の方を描きつつ、暇と記憶が続く限りちょびちょび絵日記描きます。
私は大変作画や構図などを思いつくのが遅く・・・というか絵が完全ダメポなのでご了承くだせぇませ_| ̄|○
というわけで、そんなこんなで久々に入り込んだFAでの出来事を書き書き・・・(爆)
課金が切れているというオマケ付きにもめげず、前の余りのチケットを導入して早速ログイン!
そして大ショックな事件キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!ヨ!

出撃準備を整え、いざ攻撃に向かおうと離陸すると、以前ボイスチャットしながらの戦闘にてお世話になった方からダイレクトチャットが飛んでくるじゃありませんか!!

お仲間様「igaranbooさん、今日ふと検索で探し物をしていましたら。「日々笑進」というブログを見つけまして。」
igaranboo「Σ| ´ω`; |!!!!!!!」

な!ば、馬鹿な!!このサイトは一部の方しか知らないハズなのに!!
な、なじぇ!検索エンジンにも掲載告知だしていないのにネジェヒッカカルディスカ!!Σ(0w0;)
ドキドキしながら返答。
igarannboo「な、なぜご存知で!!???!?!?!?」
うろたえているのがモロバレ_| ̄|○ウホッ

お仲間様「やはりigarannbooさんのサイトでしたかw・・・じっくり覗かせていただきましたよw」
igarannboo「ひ、ひぃ!あ、あ、あ、ありがとうございますうう~~!」
もう私の脳内はワニワニパニック。
あぁ!SSの名前消してないのあるわ!!無許可でだしちゃってるのがモロバレで追求されちゃう!?ひいいい!なんて思っていると。
あまり追求はされませんですた・・・_| ̄|○ハァハァ心臓に悪いアル
ついにFAの仲間様にまでバレてしまい、ドッキドキですが、勇気リンリンで更新開始!(前振り長orz

今回の攻撃目標は、大英帝国の前線野戦飛行場。
すでにイギリス基地上空では、敵味方入り乱れての制空戦が繰り広げられており、自分もいちはやく助太刀しようとハンガーから機体を引っ張り出す。
大航海時代での大英帝国は大好きでしたが、FAの大英帝国は大嫌いなイガランボー。orz
爆撃機もバランスよく強力、戦闘機もバリエーション豊富で速度最高の機体もある。旋回戦でも最強の機体ある。爆弾もたくさん積める、機銃弾も、もりもり・・・。
陣営最強の航空機が集まっていると言っても過言ではないかと思います・・・私は・・・(´・ω・`)

イギリス相手でしかも空港への地上攻撃も考えて・・・。
速度が出る。爆弾も積める、対地ロケットも積める機体、YAK9Uで出撃することに
e0025131_17175223.jpg

いざ攻撃へと向かういがらんぼーのYAK9U。爆弾2個、対地ロケット6本の重装備での飛行。

順調に飛行していると思いきや、乱戦で空いた穴をうまく抜けてきたイギリス戦闘機の強襲を喰らう。
この高速戦闘機から逃げるために、貴重な爆弾二個を捨てざる負えなくなり投下orz
必死にシザーズやらバレルロールやらの戦法を駆使している間にほかの味方機が駆けつけてくださり、戦闘機はそちらに任せて一目散にイギリス飛行場へ向かう。
駆けつけてビックリ!我がソ連が優勢ではありませんか!
ほかの味方機が上空に上がっているイギリス機と死闘を演じていたので、自分はこれ以上敵機を増やさないように、飛行場への攻撃を敢行する。
ふと眼下を見下ろすと、ハンガーからエンジンの轟音を立てつつ離陸しようとするテンペスト。
こいつは飛び上がらせると厄介なので・・・少しでもダメージを与えてしまおうと考え。
対地ロケット発射!(゚∀゚)!
e0025131_17233773.jpg

離陸しようとするテンペストに対地ロケット弾を際射するいがらんぼー。

ある程度バラバラになりつつも、真っ直ぐとテンペストに向かうロケット達。
e0025131_172541100.jpg

数発のロケットが機体後方部に直撃するテンペスト。

テンペストはこの攻撃により真っ二つに裂け、機体は使えなくなった。
それに懲りることなく、次々と離陸しようと駐機場から滑走路へと滑り込むイギリス戦闘機達。
ソ連の味方たちと共に空へと舞い上がるのを阻止するべくバルチ攻撃に移る。
e0025131_17293317.jpg

滑走路からやっと車輪が離れたテンペスト。直後ソ連の味方機のバルチ攻撃に遭う。撃墜。

どうしても数機でバルチ攻撃をしているとある程度の攻撃できない時間ができ、多少離陸してくる機体がでてくる。
しかし、飛び立ってすぐの機体では速度が乗っておらず、急旋回しようとしても緩旋回になってしまい、すぐにケツへと回り込まれるイギリス戦闘機。
いがらんぼーも、味方に負けてられない!とばかりに急旋回し、離陸したて・・・やっと飛びたてた小鳥状態のテンペストへと食いつく。
e0025131_17334019.jpg

緩旋回中のテンペストを撃破するいがらんぼーと、バラバラに砕け散るテンペスト。

e0025131_17344864.jpg

一瞬のスキを突いて離陸したイギリス機を食う味方機。

着々と後続の増援部隊も到着し、更に離陸が困難になるイギリス機。
e0025131_17363450.jpg

たっぷりと詰まれた対地ロケット弾を滑走中のイギリス機に打ち込む味方機。

ほぼ制空を完了したのでお次は飛行場の地上物へとターゲットを向ける。
何かとぎゃーぎゃーやかましく打ち込んでくる地上対空砲に標準を向け・・・
e0025131_1739257.jpg

地上対空砲へと機銃掃射をかけるいがらんぼー機。この後対空砲は爆散。対空砲の横にすでに破壊され息絶えている高射砲が見える。

あまりにも順調に制空を果たして行くソ連部隊。
地上物をあらかた破壊し尽し、安心しきっていたのだが・・・
この時、太陽に小さな点がある事に気づいていたら・・・私はあんな目には・・・!!orz

太陽にあった小さな点がグングンと近づいてくる・・・
・・・テンペスト!!!
操縦桿をがむしゃらに動かし回避を試みるいがらんぼー!
しかし、敵機発見が遅れ、すでに射程内!
イギリス高速戦闘機テンペストの強力な機銃弾が咆哮する!
e0025131_17514188.jpg

テンペストの奇襲により、右翼の舵、車輪をもぎ取られるいがらんぼー機。穴の開いた両翼から燃料を垂れ流しつつも必死にロールして逃げようとする。見事に一撃離脱を決め、上昇していくテンペストが見える。


ぁ、ヤツの翼が光った・・・と思ったと同時に数百の閃光が一斉に飛んでくる!
バギン!ガガガガン!ゴゴン!ガン!
大きな衝撃が襲う。
操縦桿をめちゃくちゃに動かしつつも水平飛行にしようと試みる。
しかし、機体は言うことを聞かない・・・おかしい!
コクピットから右へと視線を向けると、右翼の舵が吹き飛んでいる。
きりもみ状態で堕ちて行く愛機。
もう頭には飛行を続けることは考えていなかった。

コクピットの窓を全快に開ける。
操縦不能になった愛機の様子を伺いつつ・・・。
ふおおおおおおおお!ミ(ヽ;゚д)
e0025131_17531941.jpg

操縦不能になった愛機から脱出するいがらんぼー。なぜか万歳している。

なんとか落下傘が開き、やっと生きた心地に戻る・・・。
そして上空を意気揚々と上昇していく先ほどの敵機・・・。
いがらんぼー「ウワァァン!!ヽ(`Д´*)ノお、おぼえてろー!大英帝国めー!」

e0025131_17554791.jpg

落下傘を開き降下していくいがらんぼー。敵機に対してわめき倒している。

味方の基地に戻ったら、新しい愛機でリベンジしたるーーー!
と思っていたが、神はそれを許してくれなかったようだ・・・。
降下しているスピードがいつもと違う・・・。
「ぁ。ぁぁ・・このスピードはあかんよ明智君・・・(((゚A゚;)))」
ゴゴゴゴゴゴゴォォォ
迫りくる地面。
いやぁぁあああぁぁ!堪忍してーー!パラシュートちゅあぁん!しっかりオラを支えて!ゆっくり降ろして!!
・・
・・・・ぁ

e0025131_17591933.jpg

脱出するのが遅すぎて、落下傘を開くも降下スピードが速く、地面に叩きつけられ戦死するいがらんぼー。前方にはすでにメチャクチャに成り果てた愛機・・・・・・(哀

もう・・・だめぽ orz-3

本日の教訓「油断しちゃぁ、だめよん♪脱出はお早めにね♪アイフr(ry」
[PR]
by igaranboo | 2005-07-22 18:03

裏切り者いがらんぼー裏。

今日ものんびりとログインしてゴールデンタイムの激戦を楽しむいがらんぼー。
はじめ我がソ連はドイツのルフトヴァッフェ(空軍)に圧されているものの、数の差でぢりぢりとドイツ領土を奪っていき、ドイツの命運も尽きたかに思えてきた。
ルフトヴァッフェでいつも飛んでいる友人オデンタソの悲鳴が響き渡る。
オデンタソ「うぅ、うちらより二倍の数で攻めてくるソ連相手だと辛いYOO。・゚・(ノ∀`)・゚・。」
うぅ・・・(´・ω・`)
いつも少数人数陣営としてこちらの支援に入ってくれているオデンタソの仲間たちと押しつぶして行くのはなんか心苦しい・・・
・・・・!(`・ω・´)
そこでいがらんぼーは決心を決める!
newパイロットネームを作成、その名も「igarannboo_ura」
ソ連以外で活動する時のコードネームなのだけど・・・まさか今日作ることになるとは思わなかった・・・!
そして、ソ連を抜けてドイツに助太刀に入るいがらんぼー!
はじめはメッサーシュミットK4で飛び立つも、数の暴力に負けて何度も撃ち落される。
(´・ω・`。)うぅ・・何かいい機体はないかすぃら・・・
ふと見ると、自然のハンガーにしまわれていたあの機体に手が伸びた。
Focke-Wulf FW(フォッケウルフ)-190D-9 Dora
通称「長鼻ドーラ」

何度かこの機体には乗っているのだが、どうにも格闘戦に持ち込むと旋回性能が悪く撃ち落されてばかりで、自分の中では微妙~・・・な機体だったのだが、今日はドーラちゃんで出撃!
e0025131_251103.jpg

ドイツ戦闘機共通の問題、航続距離の少なさをカバーするために使い捨ての燃料タンクを装備して、いざ出撃!
ソ連機とはまた違った操縦感覚に戸惑いながら少しづつ高度を上げて行く。
なんじゃこりゃぁぁ!ソ連機に比べてグングン高度上がるじゃないかーー!
さすがはドイツ機・・・恐ろしいパワー・・・_| ̄|○
機銃弾の装填数を確認すると、うわぁ!あるわあるわ!
ソ連機に乗ってる時は常時残弾数を気にしなければいけない大事な20㍉機銃弾が500発以上どっちゃりと装填されている。
ソ連での愛機YAK3には120発しか装填されてないというのに・・・orz

少しジェラシーを感じつつも飛行していると、どうやらソ連領空内に突入したようだ、正面12時の方向に機内レーダーに敵機反応が出る。
e0025131_2564718.jpg

大事な機内燃料消費を避けるために積んできた燃料タンクを投下するいがらんぼー機。
いくら大事な燃料タンクでも、こんな重いもの付けたまま空戦して動きが鈍重になってはたまりませんからね!(゚∀゚)ノシミ□ ポイッとな♪
周りを見渡すと、すでに先発隊との制空権争いが始まっているようだ、いたるところで黒煙を吹いて落ちていく機体、爆発する機体が目に留まる。
下方に戦闘中のソ連戦闘機を発見、急降下する。よぉーく見ると、いつも見ているパイロットネーム。
今の敵は昨日までの味方なのだorz
いつもとは違う格闘戦ではなく、一撃離脱に徹する戦い方を肝に銘じて敵機の尻に食いつく。
長鼻ドーラにたっぷり詰まれた20㍉機関砲4門が火を噴く。
e0025131_324267.jpg

しこたま機銃弾を浴びせられた敵機はこのまま爆散する・・・。
ごめんよぉ・・仲間よ・・・!(つД⊂)
急降下で出た高速を殺さないように再び上昇、急降下、更に別の敵機を追撃する。
土壇場の根性か、無理やり機首をこちらに向け撃ちまくりながら突っ込んでくるYAK3。
e0025131_371517.jpg

紙一重でなんとかかわしつつ、こちらも応射する!交差する機関砲弾の閃光。
相手の左翼に食い込む。交差して後方を確認すると左翼が引きちぎれ、きりもみ状態で墜落していくYAK3・・・
orz あぁ!罪悪感!

そしてある事に気づく。
あんなに乗りづらかったドーラが・・・こんなにも乗りやすいとは・・・!!
一撃離脱戦法というあまり経験のない戦法での実戦、たくさんある機銃弾、あまりある速度とパワー・・・ちょっぴり・・・ドイツ機に夢中になりそうでつ・・・(;゚∀゚)/(爆)

そんなこんなで見事制空権を確保し、ソ連前線空港へと殺到する自分と、ドイツ空軍の仲間たち。
着々と後続部隊も進行しているようだ・・・。ここで我々は、バルチ攻撃へと移行する。
飛び立とうとするソ連機はかたっぱしから潰され、ハンガーから出されたピカピカの機体は爆弾で木っ端微塵にされるか、機銃弾で穴まみれにされ使用不能状態にされた・・・。
そんな中、一気の爆撃機が離陸しようと滑走路を走り抜けて行く。
しかし、前方にドイツ爆撃機の撒いた爆弾が炸裂、大穴が開いた。
急いで避けようとした爆撃機はそのまま空港の見張り塔に突っ込み、そのまま地上砲台として近づくドイツ戦闘機隊に機銃弾をバラ撒きはじめたのだ!
このままでは、占領部隊の輸送機や、降下した兵士に多大な被害が出る・・・!
一気に成層圏から地上ギリギリまで降下していく。いがらんぼー。
そして・・・。
e0025131_3151767.jpg

無常に爆撃機に機銃弾を叩き込み離脱するいがらんぼー機。
爆撃機からの猛攻撃に耐えつつ、機銃弾を叩き込む。
爆撃機は穴まみれになり、ギアーを失い、腹を地面に叩きつけられたまま黒煙を吹き爆発していった。
バルチ攻撃か功を奏し、占領部隊到着とスムーズに占領していった。
e0025131_321795.jpg

占領してすぐの前線飛行場へ補給のため降り立とうとするいがらんぼー機。破壊された施設などが生々しい。
空戦、バルチに明け暮れていたせいか・・・もう燃料が残り1分になっていた。着陸し、整備兵補給してもらう。
撃ちまくったはずなのにまだ残っていた機銃弾にごきげん♪
弾がいっぱい積めるって素敵!!ウッヒョォォY⌒Y⌒(゚∀゚)⌒Y⌒Y(。A。)Y⌒Y⌒(゚∀゚)!!

有頂天になっていると、整備員があきれたかおで出撃OKサインを出してくれた。
恥ずかしさを押さえながら離陸・・・(*`・ω・´;)ウゥ
装備点検してみると、ありゃりゃ!?Σ(゚д゚;≡;゚д゚)
搭載弾薬50%!!残り燃料あと12分!落下燃料タンクの装備無し!
どうやら占領したばかりで、空港の燃料タンクも、弾薬保管庫も破壊されてしまったままで補給がままならないんだそうな・・・
渋々ながら、そのまま新たな制空権争いをしているソ連領空の山岳地帯へと向かう・・・。いいさ、燃料少ない方が機体軽くなるもん・・・orzウゥッ

獲物を見つけては急降下してむさぼりつくす、こちらより圧倒的に高度が低ければ・・・
もう鴨同然なのさ!!(゚∀゚)イタダキマス!
e0025131_3252532.jpg

多数のドイツ機に囲まれ混乱中のソ連機を撃墜するいがらんぼー機。
こんなにサクサクと撃墜しまくっていいのかなぁ・・と思いつつも次の獲物を求めて遥か上空から品定め|´ρ`)
e0025131_3272755.jpg

フラップを一段階起動させ、旋回して逃げようしたソ連機を食ったいがらんぼー機。少し遠くにはほかの味方も獲物を求めて彷徨っている。
油断は最大の敵である・・・。↑の写真の後にそれをつくづく痛感する事件が起きる。
敵機を撃墜後、高度を上げるため機首を上げたところに、後ろから閃光が飛んできた!
e0025131_3345167.jpg

一瞬のスキを見せたいがらんぼー機にボロボロになりながらも牙を剥くSAL隊のYAK3。

いがらんぼー「!?!?!?!?!?Σ(゚д゚;≡;゚д゚)」
冷静に見ると、ちょいと前にエンジン撃ち抜いて火災起こしたソ連戦闘機じゃないか・・・
しかし、よくパイロットネームを見ると・・・
ぁー!俺の所属してるSAL隊の人じゃないか!(|| ゚Д゚)ガーン!!
負傷した機体であろうが、スキを見つければ牙を剥く。
今まで感じた事のない、SAL隊の仲間の異常なまでの執念に恐怖した。
次々と機銃弾が食い込んでくる。飛び散る破片。
俺もここまでかぁ!?((((´;ω;`))))ブワッ!!


┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨!!!
e0025131_3361658.jpg

絶体絶命のいがらんぼー機の敵機を一撃で葬り去るドイツの仲間。

ムッハーーー・・・!!(;;;゚Д゚)-3
た、助かった!!絶体絶命の危機を救ってくれた仲間にお礼を言う。
そしてすぐさま機体の損傷度をチェックする。
あれだけ機銃弾を叩き込まれたというのに、問題となる損傷はどこにもないようだ・・・。
装甲までしっかりサポートされてるドーラちゃん最高♪んもぅ、癖になりそう。・゚・(ノ∀`)・゚・。

またしても制空権を確保し、占領部隊が到着するまでソ連増援部隊の足止めとバルチ攻撃を開始するドイツ。
もうさっきのような油断はしないぜよ!(((((ヽ゚д)フラーーー
駐機されている機体に的を絞り、機銃発射ボタンを押しまくる。
e0025131_3423740.jpg

駐機されているソ連戦闘機に機銃弾をこれでもかと浴びせるいがらんぼー機と穴まみれになり炎を吹き上げるソ連戦闘機。

これを最後にこの山岳地帯でのソ連機の活動はなくなる。不気味な程に順調に占領部隊が到着し、山岳航空前線基地も占領。
さながら電撃戦のような順調さである!(((゚A゚;)))スゴイヨGE~~
ついにこの航空基地を占領されたことによりソ連軍は、ドイツ軍に本拠地攻撃範囲内となってしまう。
次々と飛び立つ制空隊。目の前にそびえる、ソ連本拠地のある山からは次々と先ほど占領した空港を封鎖爆撃しようというソ連爆撃機が降下を開始していた。
すぐに上空非難し、高度を上げ、爆撃機に襲い掛かる。
e0025131_3474645.jpg

空港に侵入しようとする爆撃機に真上から襲い掛かるいがらんぼー機と、防御機銃を撃ちまくり必死に抵抗するソ連爆撃機。

爆撃機は尾翼が吹き飛び、白煙を吹いたかと思うと
そのまま爆発してしまった・・・。
どうやら機体の爆弾庫を貫通させてしまったらしい・・・ナムナム・・・(ー人ー;)

さぁ・・・ここからが本番の本拠地侵攻作戦の開始だーーーー!!
ってところで日本軍が滅びゲームセット・・・。
な、なに!?この中途半端な終わり方!!(|| ゚Д゚)ガーン!!
不満を残しつつも、戦い抜いてくれたドイツでの新しい愛機ドーラに感謝しつつ。
ドイツの同志達の粘り強さに尊敬の念をしつつ。
そして密かにこの強敵たちと再び敵対する恐ろしさを残し、今日の戦闘は終了した。


~あとがきのようなモノ~
毎度長い日記やわぁ・・・(´口`;)
長すぎてスマソ!!スマソ!!orz
[PR]
by igaranboo | 2005-07-16 03:53

攻めて攻めて攻めまくれ!全軍突撃SU漫才ヽ(´ー`)ノ

e0025131_1524030.jpg

昨日は飲みすぎで頭ガンガンになり寝過ごしてしまったので。
今日はゴールデンタイムの激戦に参加!もちろんアルコール入っていい気分♪

INしてすぐに気づくと・・・おやおや、辺りが真っ暗!どうやら夜間のようですね。
珍しい夜戦を堪能するべく遊撃してGB(イギリス)戦闘機と押しつ押されつの攻防戦を繰り広げていると、我がSAL隊隊長のJEROさんから集合指令が飛ぶ。
続々と集まってくるSUの戦友達。
爆撃機はいるわ、輸送機はいるわ、戦闘機はいるわ、SU機大集合状態の野戦飛行場。
早速隊長からのミッションブリーフィングが始まる。
どうやら、GBの本拠地近くの防備が薄い野戦飛行場を急襲し、一気に攻め落としてしまおうという魂胆らしい。
さすがは全陣営1、奇襲攻撃を得意とする我がSAL隊隊長♪やる事が違うね!(゚∀゚)
作戦も決まり、飛行場に攻撃部隊のエンジン始動音が鳴り響く。
弾薬や爆弾などの補充を終えて、離れて行く整備兵達。
まずは隊長の乗る輸送機が駐機場から滑走路へと入り込んで行く。それに続く攻撃部隊。
e0025131_21856.jpg

次々と離陸していくSUの戦友達。彼らの何人が、再び地面を踏めるか・・・
それは誰にもわからない。

攻撃部隊は敵電探の探知を避けるため、超低高度で一路西へと向かう。
電探に映らない許容高度は250ft…。超地面スレスレである。
操縦桿を握る手も慎重にならざる負えない。しかも今は夜間、地面の見分けがあまり判断できず、頼りになるのは高度計のみ・・・。
慎重に第一目的地の湖畔へと到達する攻撃部隊。一気に川の斜面をすべるように降下していき、湖畔スレスレを飛行する。
地面ならまだしも、湖畔の水面は夜空より真っ暗・・・!!
今まで以上に慎重の操縦する、いがらんぼー。
何せ戦闘機には、爆撃機のように自動操縦装置がついていないのだ・・・、全て自分の責任で操縦するのである。
しかし、ここでトラブル発生!!
いがらんぼーのPCが親切にもウィルススキャン発動・・・とまる画面!!
「ぁ・・・」なんて思っていると、画面が回復すると同時に、水没した我が愛機・・・_| ̄|○

コソコソをまた飛行場へと戻り、愛機二号機で攻撃部隊本隊に急いで追いつこうと頑張るいがらんぼー。
速度最大戦速!あまりの風圧に操縦桿が震える。
ふと横を見ると攻撃隊に遅れたらしいTAC隊のライディンタソの輸送機が飛んでいる。
いがらんぼー「ライディンタソみっけ!(゚∀゚)ノシ」
ライディンタソ「(。・ω・)ノシ イガタソ~」

お互いの無事を祈り操縦席から手を振る。行く手に拒むものはないと思っていた・・・しかし。
突然フウディンタソから緊急無線が入る。

フウディンタソ「6時方向レーダーに感あり!!・・・・・・GB戦闘機3機!!」
なんてこった!こんなところにまでGBの魔の手が伸びていたとは…!!

相手はGBのテンペスト三機。攻撃力に置いては我が愛機YAK9UTに敵わないまでも、全陣営最高の速度性能を誇る、GBの荒鷲だ・・・。
速度でも負けていては逃げ切ることもできない。かといって交戦するとしても、こちらは自分の戦闘機1、フウディンタソの輸送機1・・・攻撃部隊が移動中のため増援も望めない。
なんとか湖畔沿いを速度の続く限り逃走する、すると、GB機が一機引き返していった・・・
これはもしかしたら・・やれるかも!?と思い後ろを振り返ると、せっかくの高度を落として高速で追撃してくるテンペスト。
・・・いざ!

愛機は上空へと急反転を開始。自分がやられれば、前方を飛行中のフウディンタソもやられる。
やられる前に、やってやる!ヽ(`・ω・´)ノ
敵機もこちらを射界に収める形で急上昇。
敵機との距離4000ft・・・3500ft・・・2500ft・・・1900ft・・・敵機銃有効射程内突入・・・今だ!
操縦桿を下斜め45度にし、筒状の円を描くように飛行するいがらんぼー。
バレルロール戦法である。
不意を着かれた形のGB機はバレルロールに追従するように射撃しながら突っ込んでくるも、数発命中させただけで、いがらんぼーの前面に出る形になった。
急いで追い抜いたテンペストに機首を向けるいがらんぼー。速度に負けていては、一瞬のチャンスをモノにできなければ後はない!
急いで反転しようとするテンペストを照準機がとらえる、37㍉砲と20㍉機関砲が咆哮する。
バラバラに砕け散るテンペスト。

やった!・・・と息を抜いたところに上空からスキを狙っていた二機目のテンペストが急降下しつつ射撃を加えてくる。急いで下方急旋回を行いなんとか回避する。
さぁ!格闘戦だ!と相手に機首を向けると、自分を無視して飛び去っていくGB機。
「あれ・・(´・ω・`)?・・・・ハッ!!Σ (゚Д゚;)」
敵機は戦闘機の自分ではなく、フウディンタソの輸送機に狙いを定めたのだ!
スロットルを全開にし、最大戦速で追撃するも離れて行く距離・・・

フウディンタソの悲痛な無線が入る。
フウディンタソ「うわぁぁ!6時からテンペがくるYOOO!!イガタソたすけてえええええ!」
なんとか眼下にくるくる旋回しつつ相手の攻撃を必死にかわしているフウディン機を捕らえる。
あと敵機まで5000ft・・・2000ft・・・700ft・・・捉えた!!
相手に当てる事も忘れて敵機の視界に移るように機銃弾をバラまく。驚いたのか急上昇していくテンペ、なんとか間に合った・・・!ここから反撃だ!

小さな攻防戦を繰り広げている最中にも攻撃隊の無線が入る
JERO隊長「突入まで3・・・2・・・1・・・、全軍突撃!SU漫才ヽ(´-`)ノ」
予定は変更されたものの、無事敵本拠地飛行場への強襲が開始されたようだ。
ガンバレSU!と感傷に浸っていたときだった。
真上に大きく別のテンペが映る。
「・・・!!!」
吸い込まれるように愛機に食い込んで行くテンペストの20㍉機銃弾。水平舵は吹き飛び、ラダーもちぎれていった。
操縦席にも数発被弾しながらもフラフラ状態で降下するいがらんぼー。
レーダーを見れば、5機のGB機に囲まれていたorz
次々と代わる代わるに真上からの攻撃を喰らい、翼がもげた。操縦に必要なものを無くし、バランスを崩して急降下していく愛機。
機外へと脱出するいがらんぼー。落下傘を開き、ふと見ると、少し遠くでバラバラに砕け散る輸送機・・・。
こうして我々の小さな攻防戦は幕を閉じた・・・のだが!
「GB本拠地をSUが占領しました。」

キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!
我々がつつき会ってる間に強襲作戦は見事に成功したようだ!
落下傘降下しながらお互いにガッツポーズを取る、自分とフウディンタソ。
すぐさま地面に着地すると、元GB本拠地へろ移動する。
今度は守りながら攻める、お互いの力をぶつけ合った攻防戦の始まりだ。

新本拠地で変り種な機体をハンガーから出していると、次々と飛び立って行く、軽爆撃機、重爆撃機。
どうやら本拠地近くにある野戦飛行場を一気に攻め落としてしまう気だ。
整備員から機体の出撃用意完了の声がかかる。
e0025131_2363241.jpg

戦闘爆撃機A20Gsに積める限りのロケット弾、爆弾を積み込み離陸するいがらんぼー機。
遠方には大爆撃されきのこ雲が立ち上る敵野戦飛行場とその防御砲火が見える。
攻撃に次ぐ攻撃でやっと攻め落とした前線野戦飛行場、ここからのGBはもう反撃する牙を失っていた。
戦況は佳境に突入。
GB空港はもう残り一つになっていた。
そして長い夜が終り、朝日が眩しく飛行場を照らしていた。
e0025131_2404339.jpg

占領した前線飛行場から何度も反復攻撃をする。爆弾を落としては、戦闘機の相手もする、忙しい限りだ。
もうこのGB最後の飛行場は、GB、GE(ドイツ)、SUが入り乱れる混同作戦地域になっていたのだ。
GB機をけん制しつつも、われ先にと占領しようとするGE機とも格闘戦を仕掛け防がなくてはならないのだ。
この混乱を一気に突破するため、隊長から最後のミッションブリーフィングが始まる。
e0025131_2464191.jpg

空港に集まったのは、隊長の占領部隊輸送機1、護衛を務めるいがらんぼーの戦闘機が1。
たった2機の攻撃部隊。
ほかの戦友は、第一陣はGBの飛行場にバルチ(飛行場から飛び立とうとする敵機や駐機されている機を撃破する事)を仕掛けたり、第二陣は飛行場に攻め込まんとするGE機の侵入を防ぐため全力空戦していたのだ、もうまわせる人員がいない。
と、いうことは・・護衛を務める自分は重要な任務にまわされちゃったわけです(((゚A゚;)))ウワァ
e0025131_2471940.jpg

この攻防戦最後の鍵を握る攻撃部隊が離陸していく。
とにかく自分は護衛するために必要な高度を稼ぐ、高度が2万ftに差し掛かったそのとき、味方から救援要請が飛ぶ!
レーダーを見ると、GB戦闘機に襲われている味方の爆撃機がいるではないか!
急いで急降下するいがらんぼー。
e0025131_2492234.jpg

何度か格闘戦を演じていると駆けつけた援軍により難は逃れたようだ・・・。
助けたその爆撃機も一時攻撃隊に編入され、共に攻め入る事に。
敵味方入り乱れての空戦地帯。炸裂する高射砲弾幕。
攻撃目標のGB空港が眼下に広がった。
隊長の輸送機が戦闘地区に突入していく。
輸送機を見つけるとちらちらと輸送機の侵入を防ごうとするGB防空部隊。
ほかのSUの戦友達と共に、邪魔物をけちらせていく。
そしてひびく隊長の声
「空挺部隊降下降下降下!!」
次々と開かれていく落下傘。
基地内へと侵入を果たした落下傘兵は次々を空港施設を制圧していく。
そして運命の瞬間
GBの緑色が消え、我がSUの赤色へと染まったGB空港!!
キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
ついにやったのだ!いつもは負けてばかりのGBに一矢報いてやったのだ!
次々と帰還していく生き残った戦友達。
途中、攻撃作戦に参加したあの爆撃機を見つけ。接近する。
エンジンに多少被弾して煙を出しているものの、無事なようだ・・・
e0025131_257426.jpg

滑走路侵入速度・・・ギアダウン・・・フラップ展開OK・・・
接地・・・!ブレーキングON。
駐機場へと次々に降り立っていく。
お互いが生還できた喜びを分かち合う。
その日の朝日は眩しいばかりに輝いていた。
e0025131_2593724.jpg


PS:結局総合的にGEに負けて結果はSU2位でしたとさ!!チックショー!_| ̄|○ノシ
[PR]
by igaranboo | 2005-07-15 03:01

のんびりと。

e0025131_18531732.jpg

今日は休日という事もあり、のんびりとファイターエースにINです。
いがらんぼーは、もっぱらSU(ソヴィエト連邦)でプレイしています。
ファイターエースにある陣営の中では一番まったりしているので、ほぼSU専門空戦屋へと変貌していきましたorz.oO(だけど空戦苦手)

今日はたまには違う機体に乗ってみよう!という事でYAK9UTに搭乗。
普段の愛機はYAK3。
YAK3は小型、木製で激しく脆いですが、それを補うに当たる加速力、運動性能が武器です。
武装はおせじにも言いとはいえまへん・・・。
SUでお馴染み、装填弾薬の少なさもネック・・・ですが、どうにも自分には一番あってるようでよく愛用しています、クルクルまわりすぎてエネルギー無くして狙い撃ちされる日々(´・ω:;.:...

けど!今日は違うゾ!
YAK9UTだゾ!YAK3より防御力…は皮一枚分くらい増加(あまり変わってないorz)
SU陣営一番の速度性能!運動性能は目に余る程に悪化orz
だけど、ここが違う!
男の37㍉砲搭載!弾数30ながら、恐ろしい連射力。
これで撃墜できたら気持ちいいだろうなぁ・・・と思いながら離陸するいがらんぼー。

夕方ということであまり人は多くない。
というわけで、近隣のUS(アメリカ軍)戦車工場へ嫌がらせ単機爆撃開始!
最大搭載数の100㌔爆弾を二個投下するもハズレ・・・
ちょびっと燃料タンクを破壊しただけでした。
ぅ、ぅうむ・・・やっぱり爆撃ヘタだなぁ俺!なんて思っていると、US機接近!
相手は単機のF4U-Cコルセア。
USお馴染み、積みすぎなくらいの弾薬と大馬力エンジンを備えた戦闘機です。
ヤバー!と思っていると、どうやらこちらの方が圧倒的に高度高いご様子・・・

逃げようとしていたひよこが荒鷲へと姿を変えた瞬間です|ω・`)
ムヒョヒョヒョ!いったっだっきまーーーす!!三三三ヽ(*゚∀゚)ノ
e0025131_198675.jpg


10000ft(フィート)から飢えた狼のように急降下するいがらんぼー。
すると慌てふためいたUS機も急いで反抗態勢になろうと機首を上げて急上昇。
それが運命の分かれ道。
射撃照準機に大きく写るUS機。
大きすぎる37㍉砲が咆哮する。ドガンドガンドガンドガガガ!!
もうね、ジョイスティックがありえないくらいにガクガク揺れまくり。
うちのジョイスティックはそういう反動も探知して自動で反動を再現してくれます。ハイ。
あまりにジョイスティックが揺れるから、照準ズレて、数発しか命中しなかった模様。
ぁー・・・また仕掛けなおさないと・・・
なんて思っていると、後ろでバラバラに砕け散っていくUS機。

・・・・・・・・━━━━(・ω・` )━━━━!!
まさかとは思いましたが・・・37㍉砲がこんなに凄い威力だったとは・・・Σ(゚д゚;≡;゚д゚)
撃墜した相手がどうやら外人さんだったらしく、一言こういってくれました。
「nf (nice fight)」
相手の武勇を褒めるときに使われる言葉がまさか自分にくるとは・・・!
急いで自分も
「u2!!」(you too)(あんたもな!)
こんな風な些細な会話。

今までやってきたゲームだと全て外人さんはウザイから、汚いことしてるからシバこうぜー、みたいなのが多かったけど。
FAは全くそういうのがなく。そういう意味で凄く新鮮な、清清しい気分になりますね。
やっぱ、罵り合いとかは見てて気分悪いっスもんね。

こんな感じで、外人さんとも仲良くなり、幾度となくカタコトの英語を駆使しながら空戦し合いました。(夕方人数少ないから同じ人と遭遇する機会が多いんデス(´・ω:;.:...)

おかげさんで連続撃墜6も記録し、ウハウハ気分!こんなの初だよ!。・゚・(ノ∀`)・゚・。
こんなのんびりした戦闘も久しぶりで◎
こうしてゴールデンタイムには激戦に巻き込まれていくんだろうなぁ・・自分。と。
バトルオブブリテンに突入する前のイギリスパイロットに気分になりますた(´・ω・`)


e0025131_19225426.jpg

ラストの一枚。夕方の激しい攻防戦になんとか生き残り帰還するいがらんぼー機。
[PR]
by igaranboo | 2005-07-13 19:24
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC